携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年4月12日

南麻布にある「青空スタジオ」に行きました。今回のお仕事は、前日の4月11日に急きょ入ったそうですが、そのときに「ケルト風の笛を…」というオーダーがあったので、ティンホイッスルとリコーダーをメインに色々と持ってスタジオに入ったそうです。

今回の音楽は川嶋可能さん。
川嶋可能さんの過去の作品についてはこちらのページを見ていただくと分かるのですが、ほんとにたくさんの、そして私たちがよく耳にしていたCMを手がけられているんですね~。そんな川嶋さんとのこの日のお仕事はパナソニックのCMなんだそうですが、テレビやデジカメなどの特定の商品とかではなく、企業イメージのCMなんだそうです。

☆パナソニックのHPはこちら

☆パナソニックのテレビCMなどが見えるページはこちら

で、現場で打ち込みのサンプル音源を聴かせてもらうと、速めの8分の6拍子の曲で、子供のコーラスと、そのバックに笛…ケルトというよりリコーダーような雰囲気の笛の音が入っていたそうです。また、その笛のパートの一部がオクターブユニゾンになってたそうですが、その上の方のパートはホイッスルでは出せない音域だったので「これはソプラニーノがいいかな…」なんて感じで、あれやこれやと作戦を練りながら聴いてたんだそうですよ。

さて、いよいよ録音開始です(^.^)b

キーはCだったので、とりあえずC管のホイッスルでやってみると「その感じでいいですよ~!」って言ってくださって、2ヶ所ほど差し替えたらそのままOKになったそうです。でも、やっぱり部分的にオクターブ上を重ねたい…とのご要望があったおで、ここは先ほどのサンプル音源を聴きながら立てた計画通りにソプラニーノリコーダーでやって、これもすぐにOKとなったそうです。

で、一応これで予定の録音は終わったんですが、川嶋さんの方から「他の楽器もかぶせてみたい」とのお話があったので、最初にやったホイッスルの部分にさらにソプラノリコーダーを重ねてみたそうです。それがOKになったあと「ソプラニーノの部分にも…」ということになって、そこは同じソプラニーノを少しだけピッチをずらせて重ねてみたそうですが、これは残念ながら不採用になったとか…とにかく、こんな感じで色んなやりとりがあったものの、実際には約30分の録音だったそうです(*^^*)

最初に書いたように、これは企業イメージのCMなので、商品のCMに比べるとずっとオンエアの回数は少ないのかもしれませんね…でも、がんばってテレビをチェックしてみてくださいねo(^-^)o
スポンサーサイト
いつもお世話になってる作曲家の周防義和さんが、NHKの「課外授業・ようこそ先輩」という番組の音楽を担当されました。

何と、ヴォーカルは周防さんご自身なんです!

☆番組の公式HPはこちら

詳しいことは周防さんのブログのこちらにも書かれてますので、ぜひ読んでオンエアを楽しんでくださいねo(^-^)o

2008年4月6日の13時5分から、NHK総合でオンエアスタートです(^.^)b
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。