携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年2月29日

この日はMEGMILKのCM音楽録りのために、音響ハウスの1スタに行きました。事前に「オカリナで…」というオーダーが入っていたそうなので、おっちゃんの中で決めてる「標準セット」と呼ばれる(?)4種類のキーのオカリナを持っていったそうですよ♪

録音はギターの田代耕一郎さんと2人だけでのダビングで、お互いに重ね合ったり差し替えし合ったりして少し手間取った部分もあったようですが、予定よりはずっと早く終わったそうです。


☆このおっちゃんの写真は、田代さんが撮ってくれたそうです♪

20080229-1    20080229-3


☆こちらは田代さんの後ろ姿♪

20080229-2


あ、今回おっちゃんはオカリナを…ということでしたが、オカリナをオーダーされたときのほとんどの場合は、オカリナらしい高めの音が好まれるんだそうです。だから、その「標準セット」とやらも高めのキーが中心なんだそうですよ。でも、この日は「低めの素朴な感じがいい」とのことで、普段はあまり使わない真ん中のC管のオカリナを使ったそうです。もっとも、このC管もすでに楽譜に書かれてるよりは1オクターブ高いキーだったとか…。

おっちゃんは「今日は低音が限界ギリギリで厳しいもんがあったわ。こんなことなら、もっと低めの楽器を揃えていってあげたら良かったなあ」なんて言ってましたが、とにかく無事に終わったようなので、やれやれですね(^^ゞ

この日に録られた音楽は、テレビで放送されるのはもちろんですが、MEGMILKのHPのこちらにもそのうちUPされるのではないかと思います。どうぞ、お楽しみにo(^-^)o
スポンサーサイト
2008年2月21日

中目黒のライブレストラン「楽屋」で、RMAJ主催のライブが行われました。

20080221-2

この日は、おっちゃん(フルート)、石橋雅一さん(オーボエ)、高野哲夫さん(ホルン)、前田正志さん(ファゴット)、佐野博美さん(サックス・クラリネット)、ピアノ(美野春樹さん)というメンバーで、クラシックにジャズにアニメソングに…と、とてもバラエティに富んだプログラムで満席の会場を魅了したそうです。


☆これは、ライブに行ってた友達からもらった会場の写真♪

20080221-1



☆おっちゃん3連発(ソプラニーノリコーダー・フルート・美野さんと2ショット)

20080221-5    20080221-7    20080221-6



☆リハーサル中の様子

20080221-4    20080221-3    20080221-8

2008年2月1日・2日

ビクターの301スタに行きました。7時間という長い拘束時間で何を録るのかと思えば…2008年の秋に公開予定の「パコと魔法の本」という映画の音楽でした。

ヴァイオリンのマサさんに教えてもらったんですが、この映画は「嫌われ松子の一生」などを手がけられた中島哲也さんが監督を務められた作品なんだそうです。音楽は、ガブリエル・ロベルトさんという、イタリア系っぽい優しそうな人だったそうですよ。

ネットで調べた情報によると、役所広司さん,アヤカ・ウィルソンちゃん(パコ・子役),妻夫木聡さん,土屋アンナさん,小池栄子さん,劇団ひとりさん,上川隆也さんなど豪華メンバーが出演されるようですね。

さて、その音楽ですが、弦が(10 8 8 6 4)とファーストヴァイオリンが10人もいるし、木管も全て2管編成という、スタジオでは滅多にないような大編成だったそうです。しかも、とにかく難しかったとか…。おっちゃんのフルートパートなんて、音符が細かい・テンポが200前後と速い・音域が高い…という3拍子そろった譜面で、ほんとに無我夢中だったそうです。

そういや、この日の夜にマサさんから来たメールも「すごい大変だった。明日も曲数が少ないから時間が短いだけで、難しさは変わらないと思う…」ってなことが書かれてましたっけ(;^_^A

その翌2日の録音は、木管は1管編成になってたようですが、弦は相変わらずファーストが10人という大きなもので、内容もおっちゃんのフルートパートは少し楽になってたそうですが、全体的にはやっぱりかなり難しかったみたいです。

このあたりのことは、また改めてちゃんとレポにできれば…と思ってますが、どうなることやら(^^ゞ
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。