携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年9月19日

この日おっちゃんは「亀山耕一郎さんのお仕事で、ケーナを使う」という事前連絡を受けて、乃木坂にあるソニーのスタジオに行きました。

亀山さんと言えば、うちでは「ピーターラビットの鑑賞用教材」や「銀盤 カレイドスコープ」「こてんこてんこ」「ぷるるんっ!しずくちゃん」「ご愁傷さま二ノ宮くん」などの劇伴録音で何度も取り上げさせていただいた方ですね(*^^*)


さて、この日はコロムビアの教材で、フォルクローレ風の曲をいくつか録ったそうです。作曲は新崎さんという方が手がけられて、亀山さんはそのアレンジだったようですね。参加ミュージシャンはおっちゃんと千代正行さんの2人で、歌は数々のアニソンや童謡を歌っていらっしゃるあの山野さと子さんです♪

20130919_1.jpg


亀山さんの方から「楽譜は実音で書いてあります」と言われて早速G管のケーナで吹いてみたそうですが、どうもちょっと低い気が…亀山さんも同じように感じられたみたいで「オクターブ上げてみようか」ってことになり、急きょソプラノリコーダーに相当するC管のケーナでやることにしたそうです。このC管のケーナは発音がビミョーなところがあって少し手こずったところもあったようですが、何とかクリアしたみたいです。

で、そうやって一通りやったあとはイントロと間奏の部分にハモリを入れたいということになり、6度下でセカンドパートを吹いたそうです。おっちゃんの話によるとフォルクローレのケーナの場合は3度下でハモることが多いそうですが、この日は何で6度下になったんだろう…おっちゃんは「コードの関係かな?」とか言ってましたが、私には何が何やらサッパリ分かりません(^^ゞ


こうして何とかおっちゃんの部分が終わったあとは千代さんのチャランゴのダビングだったそうです。これがほんとに素敵だったそうで、おっちゃんを含む周りの皆さんも聴き惚れてたとか…あ、千代さんはギターのダビングもあったみたいですね。


写真はそんな千代さんの様子を皆でカメラに納めてるところですw

20130919_4.jpg 20130919_2.jpg 20130919_3.jpg


教材ということでなかなか私たちの耳に触れることはないかもしれませんが、聴いてみたいですよね。そして、こんな素晴らしい教材で学べる子どもたちが羨ましいですo(*^^*)o

スポンサーサイト
去る11月9日、NHKの504スタで「おはなしの旅」の音楽録りがありました。おっちゃんがNHKに行くときは最近はほとんど506スタで、たまに505スタや509スタに行くくらいなので、504スタはほんと久しぶりだとか…。

この504スタは主にラジオの録音などに使われているようで、古関裕而さんがまだお元気で「日曜名作座」のテーマ曲を手がけられていたころには、毎週月曜日この504スタに通って「日曜名作座」の劇伴を録音してたそうですよ。この「日曜名作座」って2008年3月30日で終わってるので、少なくとももう4年半くらい前の話ですね。ふむ…おっちゃんのミュージシャンとしての歴史を感じますねえ。


20121109_1.jpg


さて、この日のお仕事は冒頭にも書いたように「おはなしの旅」という小学生向けのオーディオドラマの音楽録りでした。今回は中学年用の「妖精たち」というお話で、音楽を担当されたのは三柴 恵さん。この三柴さんは、うちでも何度かレポさせていただいた桑原研郎さんのお弟子さんなんですよ。桑原さんが亡くなられたあとを引き継がれた三柴さんのお仕事もレポさせていだいたことがあります→こちら


録ったのは全部で8曲。そのわりには時間がかかったようですが、それは差し替えや編集がしにくくて全て一発録りで行ったからかもしれない…との、おっちゃんの話でした。

編成は、チェロ(堀沢真己さん)、フルート&ピッコロ&ケーナ(おっちゃん)、ギター(松宮幹彦さん)、ピアノ&チェンバロ(三柴 恵さん)の計4人。こうして小編成ながらも生楽器が使われるんはええこっちゃなあと、おっちゃん嬉しそうでしたよ(*^^*)


おっちゃんが聴いた感じでの三柴さんの音楽は師匠の桑原さんとは全く違うそうですが、それでもこうして劇伴に生のチェンバロを使うあたりは、やっぱり師匠の影響なのかな…なんて話してました。まあ、最近は生のチェンバロを置いてるスタジオも滅多になく(もしかしてNHKくらい?)どうしても打ち込みで済ませてしまうケースがほとんどなんだそうです。でも、やっぱり打ち込みでは爪で弦を引っ掻いて発音するチェンバロの微妙なニュアンスは伝わってこなくて残念に思うことが多いおっちゃんとしては、今回のこのチェンバロ起用は嬉しかったみたいですね(^O^)


20121109_4.jpg 20121109_3.jpg 20121109_2.jpg


この日に録った音楽は、オープニングとエンディングに使われているテーマを元にしてテンポやキーや拍子を変える、いわゆるテーマバリエーションのやり方でオーソドックスな劇伴みたいです。でも、それが余計に耳に残ったりするんですよね。

あ、1曲だけマイナーの曲があって、チェロがアルペジオ風に動いてるところにギターがメロディーを弾くという、普通とは逆のパターンとも思える曲があったそうで、それがまたとても美しく印象的だったそうです。それに一緒に乗ってる堀沢さんのチェロもほんとに美しく、これはオンエアで是非とも聴いてみたいところですo(^-^)o


三柴さんのブログによると、放送日は来年2013年1月10日と1月17日と3月21日のようですね。まだ番組の公式サイトの放送予定表では「ペローの童話から(仮)」となってますが、このタイトルが変わったということで間違いないでしょう。三柴さんのブログのこちらにも録音のことが少し書かれてますので、ぜひ合わせてご覧ください(^.^)b

今日、大島ミチルさんによるNHK「おはなしの旅」のための音楽録りがありました。

マサさんのブログを見る限りでは、編成はヴァイオリンとヴィオラとチェロとピアノ…だけかなあ。ピアノの美野春樹さんの立ち方が何だか面白いですよね(^O^)


で、マサさんのブログ情報を頼りにNHKの番組公式サイトを見たんですが、低学年にも中学年にも高学年にも今日やった「父さんの看護人」というのは載ってないんですね。

なので、大島さんご自身にお聞きしてみました~!
そしたらラジオ第2放送で、8月26日・9月2日・9月9日の朝9時30からオンエア予定だと教えてくださいましたよ(^.^)b


20110527.jpg


どういうお話なのか全く分かりませんが(検索しても何の情報も出てこないんです…)どうぞお楽しみにo(^-^)o
2011年1月13日

サウンドインのAスタで、またもやコロムビアのマーチシリーズの録音がありました。昨年末には佐藤泰将さんが、そして新年にはたかしまあきひこさんがアレンジを手がけられてましたが、今回のアレンジは塚山エリコさんです。


さて、今回は録音に先立ってディレクターさんから「今日はカメラが入りますので、手配中で追われている方とか、撮られると不都合な方がいらっしゃいましたらお申し出下さ~い!」という面白いアナウンスがあったそうです。まあ、表現はウケを狙った面白いものですが、こうした確認はほんとに大事なことなんですよねえ。

で、その映像はどうするかと言うと、近々Youtubeにアップされるんだそうです。何でも、素晴らしいサウンドということで定評のあるコロムビアのマーチをPRするためなんだそうですよ(^.^)b

これを聞いて、私としては「ついに動いてるエリコさんが見られる~!」と大興奮したんですが、そのエリコさんからは「スタジオフロアだけ撮ってて、私たちサブは撮ってなかったようです。良かった!」なんて残念なお知らせが…(>_<)

でも、とにかくアップされたらこの記事にも貼るようにしますので、どうぞお楽しみにo(^-^)o



☆スタジオの様子です♪

20110113-2.jpg  20110113-4.jpg


あ、エリコさんのHPには、エリコさんが関わられた録音時の写真がたくさんアップされてるのはご存知でしょうか。今回のもそのうちアップされるかと思いますが、こうやって各セクションを撮って回られてるんですね~!


☆サックスセクションはこんなポーズで(*^^*)

20110113-3.jpg



この日は全部で3曲やったそうなんですが、曲名は発売されるまでオフレコなんだとか…そんなわけで、編成だけ書いておきますね(^^ゞ
 
フルート&ピッコロ(おっちゃん・金子奈美さん)、トランペット(3)、トロンボーン(中川英二郎さん他1名)、ホルン(藤田乙比古さん他1名)、サックス(平原まことさん・吉永 寿さん・黒葛野敦司さん)、ドラムス(渡嘉敷祐一さん)、ベース(渡辺直樹さん)、ピアノ(山田秀俊さん)、ギター(小堀 浩さん)、ラテンパーカッション(川瀬正人さん)、エンジニア(塩沢利安さん)でした。


で、ほんとならトランペットには数原 晋さんがいらっしゃるところなんですが、今回は別の方がいらしてました。エリコさんのHPにも書かれてますが、何か急病のようです。これは心配ですね…どうかどうか早く良くなりますように(>_<)


最後におっちゃんとエリコさんの素敵な2ショットをどうぞ(^_-)☆

20110113-1.jpg
2011年1月7日

サウンドシティのAスタでコロムビアのマーチのレコーディングがありました。全体としては多分2曲だったと思うんですが、おっちゃんが参加したのはそのうちの1曲だけで、曲名は「Victory」です。EXILEの曲で、(財)日本サッカー協会公認・日本代表応援ソングになってるものですね。


あ、かっこいいPVを見つけたんでどうぞ♪




この曲をマーチ風にアレンジしたのが、たかしまあきひこさん。
山本直純さんの門下で、あの「8時だョ!全員集合」の音楽のアシスタントを務められてた方です。あと、アニメでは「パーマン」の音楽も書かれてましたね(^.^)b

で、おっちゃん曰く「もともとはマーチでも何でもない曲をマーチにアレンジするっていうんは、アレンジャーさんを悩ませる面も多いんちゃうかと思う。でも今回の曲は、テンポやノリの感じからしてもわりとマーチにしやすいパターンかなと思うたわ。」だそうです。

ほら、このマーチシリーズの中には、もとが3拍子の曲や、やたらスローテンポなものまでマーチにしないといけない場合があるんですよね。その場合に比べると少しはやりやすかったかも…ってだけで、やっぱり色々と大変なことは多かったんじゃないかと思います。

これ、今年の春の運動会とかで聴けるかもしれませんねえ。うちはもう保護者が見に行く運動会なんてものに縁がなくなったんですが、近くの小学校や幼稚園から聴こえてこないかなあ…ちょっとそんなところに期待してたりしますo(^-^)o


編成は…フルート&ピッコロ(おっちゃん)、クラリネット(品川秀世さん)、トランペット(3)、トロンボーン(中川英二郎さん他1名)、ホルン(藤田乙比古さん他1名)、パーカッション(草刈とも子さん)、サックス(平原まことさん他1名)、ドラムス(渡嘉敷祐一さん)、ベース(渡辺直樹さん)、ピアノ(山田秀俊さん)、ギター(小堀 浩さん・今泉 洋さん)ラテンパーカッション(川瀬正人さん)、指揮(たかしまあきひこさん)、エンジニア(塩沢利安さん)でした。
2010年3月19日

おっちゃんは塚山エリコさんの学芸系(いわゆる教材関係)のお仕事で、サウンドインのAスタに行きました。録音そのものは全部で2曲あったようですが、おっちゃんが参加したのは最初の1曲だけです。

で、その曲ですが…1985年から8年という歴代最長の期間「おかあさんといっしょ」の「うたのおにいさん」を務められた坂田おさむさん作詞・作曲の「ありがとうの花」でした。オリジナルは池 毅さんがアレンジされてたんですが、今回はそれを塚山さんがアレンジし、おっちゃんはリコーダーで参加したようです。基本的には1声ですが、途中に少しだけ2声になってるところがあって、そこはおっちゃんがダビングで「1人2重奏」としてやっちゃったみたいですよ(^o^)





編成は、弦(マサさんのグループ:22200)、リコーダー(おっちゃん)、トランペット(数原 晋さん他:2曲目に参加)、トロンボーン(フレッド=シモンズさん他:2曲目に参加)、サックス(平原まことさん:2曲目に参加)、ドラムス(渡嘉敷祐一さん)、ベース(渡辺直樹さん)、ピアノ(山田秀俊さん)、ギター(小堀 浩さん)、打ち込み(鈴木浩之さん)、ラテンパーカッション(川瀬正人さん)、エンジニア(川上真一さん)でした。

ところで、今回の弦の「22200」は「ファーストヴァイオリン=2・セカンドヴァイオリン=2・ヴィオラ=2」ではなく「ヴァイオリン2×3パート」ってことで、要はサードヴァイオリンまであったってことですね。ふむふむ、けっこう珍しい…というか、とっても面白い、出来上がりのハーモニーが気になる編成ですね♪


さて、ここで素敵な2ショットを1つ…。

川上真一さんと篠崎正嗣さん   川上真一さんと篠崎正嗣さん


これはマサさんとエンジニアの川上さんなんですが、川上さんは「マサさん似」で有名(?)なんだそうですよ。おっちゃんはずっとこの2ショットが撮りたくて、チャンスを狙ってたみたいです。ふふふ…確かにちょっと似てますよね~?

ちなみに、私個人としては、大阪フィルの首席ホルン奏者である池田重一さん(ここ参照)もマサさんに…いまよりスリムだった若いころのマサさんにちょっと似てる気がするんですよね~。


☆ディレクターの渡辺有賀さんとマサさん♪

マサさんとディレクターの渡辺さん   自分のブログを見せてるところ…?

何やら携帯の画面を見せてるみたいなので、もしかしたらマサさん自身のブログを見せてるところなのかも…?


この録音に関しては、そのうち塚山さんご自身のHPにも写真いっぱいの詳しいレポがアップされるんではないかと思いますので、どうぞお楽しみに(^o^)
2009年2月16日

おっちゃんは、靖国神社の近くにある一口坂スタジオに行きました。地下鉄とJRの市ヶ谷駅が最寄りの駅だそうで、近くにはレポでお馴染みのサウンドインもあるんだそうですよ。

さて、この日はコロムビアの教材のお仕事で、おっちゃんは「観賞用教材になるんやと思う…」って言ってましたが、どうなんでしょうか。あ、このコロムビアのお仕事は、前は赤坂のコロムビアのスタジオで録音されてたそうです。まあ、当然と言えば当然ですよね。でも、その赤坂のスタジオがなくなってからは、サウンドインを使うことが多いんだそうですが、この日は珍しく一口坂スタジオでした。先約が入ってたのかな~?

おっちゃんが参加したのは「夕日が背中を押してくる」という曲で、アレンジは塚山エリコさんです。現場では歌が入っていなかったこともあってか、おっちゃんとしては「どこかで聴いたような気もするけど、う~ん…」って感じであまりピンとこなかったそうですが、これは山本直純さんが作曲された曲ですよね。


☆ニコニコ動画が見える方は↓こちら♪




☆↑の動画が見えない方はこちらのMIDIを♪


その塚山さんアレンジによる編成は、フォーリズム(ドラム・ベース・ギター・ピアノ)に、ヴァイオリンとフルートが1人ずつというこぢんまりとしたものだったそうですが、あの曲には絶対にその方がいいですよね。エリコさん、さすがだなあ~。で、広い1スタのフロアにはベースとギターとヴァイオリンの3人だけという贅沢な使い方だったみたいですよ(^o^)

あ、おっちゃんのパートにはオカリナの部分があったそうですが、これはどうにも持ち替えが間に合わないのでダビングにしてもらったそうです。でも、結局その部分はオカリナだとちょっと音域が高くなりすぎるとやらで、最終的にはソプラノリコーダーで演奏したそうですね(^^ゞ

で、次の曲にもフルートが入る予定になってたそうですが、おっちゃんには先に別のお仕事が入ってたんで、残念ながら途中退場することに…(T_T)

メンバーは、ヴァイオリンソロ(マサさんこと篠崎正嗣さん)、フルート&オカリナ→リコーダー(おっちゃん)、トランペット(数原 晋さん他)、トロンボーン(中川英二郎さん他)、サックス(平原まことさん)、ドラムス(岡本敦夫さん)、ベース(渡辺直樹さん)、ピアノ(山田秀俊さん)、ギター(小堀 浩さん)、打ち込み(鈴木浩之さん)、エンジニア(川上真一さん)でした。

あ、サックスとトランペットとトロンボーンは2曲目の編成に入ってたので、先に帰るおっちゃんとは入れ違いだったそうです。


ところで、この日おっちゃんが入っていたブースは普段はパーカッションが入ってるところなんだそうです。で、響きは良くて吹いてると気持ちいいんだそうですが、かなり部屋が寒かったんだそうです。だから、すぐに楽器が冷えてしまうんで、ちょっとの休みの間にも楽器を温めるためにフーフーと息を吹き込んで大変だったとか…(@_@;)

楽器と気温の関係って、切っても切り離せないんですよね~。そのあたりは、うちのHPの方にある「楽器と気温」というコラムを読んでみてくださいね(^.^)b


この日の録音の様子は、塚山エリコさんのHPのこちらにたくさんの写真が、マサさんのブログのこちらにもチラッと写真がありますので、合わせてどうぞo(^-^)o
2008年12月26日

野村裕幸さんによるマーチのレコーディングレポの最後に書いた、塚山エリコさんの録音でサウンドインのAスタに行きました。

この日におっちゃんが参加したのは1曲だけだったそうですが、それが2008年に最も流行ったアニメの曲って言ってもおかしくない「崖の上のポニョ」でした。ほんと、子供向けの番組から身近で行われるコンサートまで、どこに行っても必ず流れるってくらいの人気曲ですよね。このマーチシリーズのコンセプトでもある「前年にヒットした曲の中から選んでマーチに編曲する」からすると、絶対に避けて通れない1曲とも言えるでしょう。
 
原曲そのものがマーチのようなノリの曲だし、そこに塚山さんの愛らしいアレンジの手が加わって、とっても可愛くて歩きやすいマーチに仕上がってたようです(^o^)
 
で、この日もいつものように録音の合間に塚山さんがカメラを持って各セクションを回ってらしたそうですが、そのときにこんなツーショットを撮ってくれたそうです。

平原まことさんと♪

塚山さんがカメラを構えた途端に平原さんがクラリネットをフルートみたいに横に構えたので、おっちゃんも咄嗟にピッコロをクラリネットみたいに縦に持って応戦したとか…ほんと平原さんのユニークなお人柄が表れてるし、塚山さんだからこそ醸し出せる楽しい雰囲気の現場ですよね(^o^)

メンバーは、ピッコロ&リコーダー(おっちゃん)、クラリネット&サックス(平原まことさん)、トランペット(数原 晋さん他2名)、トロンボーン(中川英二郎さん他1名)、ホルン(藤田乙比古さん他)、パーカッション(草刈とも子さん)、ドラムス(岡本敦夫さん)、ベース(渡辺直樹さん)、ピアノ(山田秀俊さん)、ギター(小堀 浩さん)、シンセオペレータ(鈴木浩之さん)、ラテンパーカッション(川瀬正人さん)、エンジニア(塩澤利安さん・三原典子さん)で、もう塚山さんのお仕事ではお馴染みのメンバーでした(^.^)b

この日の様子は、塚山さんのサイトのギャラリーページの「Vol.94」にも、たくさんの写真で紹介してくださってます。ぜひ覗いてみてくださいねo(^-^)o 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。